週末はご家族様だけの人前結婚式

梅雨の晴れ間のお幸せな一日でした💛

プランナー新原です

ウエディングに関わる全ての人がそうであるように、私も週末のお天気が仕事柄とても気になります☀それが、梅雨シーズンだとさらに願うように週末を待つ日々です。

そんな週末の石亭でのご家族婚。願ったら、なんと梅雨の晴れ間をいただくことができました♪おひらきのとたんに雨が降り出したのは、誰のパワーでしょうか・・!


(写真)お料理は七夕仕様に♡天の川も登場しました

週末のおふたりは、ご家族約15名様での人前挙式とご披露宴を石亭でなさいました。

ますますお問合せが増えている「ご家族婚」「少人数婚」です。

ご家族のみの場合など少人数のウエディングでは、高砂席を作らず、新郎新婦様も一緒に座る大きな流しのテーブルを作るのが人気です。お座りになったまま、皆さまに声が届くご会食は、特に華やかな進行がなくても、終始とても和やかに過ごせて本当にお勧めです。

石亭だと、20名様くらいまでにお勧めのこちらの「大観」というお部屋でのお食事が大人気。お庭が臨めて、海も見えます。その先に見えるのは宮島です。

この日の新郎新婦様は、ドレスとタキシードのお姿でご登場。お庭でまずはご家族とご集合写真を撮影しました。少し蒸し暑い日中だったので、早々にお部屋へご案内しましたよ(^^)/

お食事の前には、ご家族様に見守られる中、「人前結婚式」を行われました。

人前結婚式とは、宗教色のない結婚式スタイルで、その場にご出席の皆様におふたりのご結婚を認めてもらう結婚式のスタイルのこと。

より自然体がお好きな新郎新婦様のご希望イメージを伺いながら、一緒に作ったおふたりの人前結婚式は、指輪の交換やベールオープンなどをまったくやらないシンプルでアットホームな結婚式

その中身は、人前結婚式の柱である「ご出席のご家族全員にしっかり結婚を認めていただく」ということを、形にしたものに。

おふたりのオリジナルの誓いの言葉で結婚証明書をお作りしました。式のスタートにそれを可愛らしい姪っ子さんが届けてくれたら、おふたりで読み上げます。式の進行役は、新郎の弟さまにお手伝いをいただきました。その後、その結婚証明書のご家族全員の署名欄に順番にご家族の署名をいただきます。まずはおふたりのお父様から。ただご署名いただくのは少し寂しいので、改めて直接おふたりに「おめでとう」と声をかけていただき、握手を交わしてから、署名をいただくルールにしました。

ご家族と握手をすることって、大人になるとないものですよね。触れることで伝わるものがあります。手のぬくもりや握る力にも違いがそれぞれあったはず。このご署名をしっかりいただくことが一番大きなご結婚式の柱になった小さなご家族様だけのご結婚式。

とても温かくて、素敵なひと時でした。人前結婚式の内容もひとつひとつご一緒に考えるオリジナルです。プランナーと相談しながら、おふたりのイメージを固めてカタチにしましょうね。

お食事の最後には、ご両親さまに記念品をご準備されました。ご実家にドライフラワーがたくさん飾られているから、と新郎様はドライフラワーのひときわ大きな花束を。一方、新婦様は華やか色のプリザーブドフラワーアレンジメントに。それぞれのご両親様に選んだものを贈られることも、おふたりのお気持ちがしっかり伝わってお勧めの形なんですよ。

ご家族婚も、一工夫で温かい時間のイメージが変わります。プランナーがいろいろな案をご提案しながら、よりお幸せな最高の一日を作っていけたらと思います♡

エシェル新原万紀

2019夏キャンペーンただいま開催中です!

お問合せには、大変気軽で便利な公式ライン@もどうぞご利用ください

●電話でお問い合わせをする
082-568-1616(11時~20時・水曜定休)
●フォームからお問い合わせや資料請求をする
https://www.echelle.jp/contact/
●LINE@からお問い合わせをする

https://line.me/R/ti/p/%40eqt0676n