厳島神社・大鳥居の扁額⛩

今だけ特別展示中です

プランナー新原です

 

先日の厳島神社挙式のお手伝いにて。

展示されているのは、大鳥居の扁額(へんがく)です。

扁額っていうのは、鳥居の上のところについている「〇〇神社」って書いてある神社の看板のことですね。

大きい~👀!畳3畳分くらいのサイズになるそうですよ。

今の大鳥居が作られて140年、大鳥居の大規模改修は70年ぶり、扁額の修繕は13年ぶりなんですって。

 

いつものように神社に通っている私たちとしても、とても珍しい光景です。

良いもの見れた~!って新郎新婦様のご家族もとても喜ばれていました。

 

後ろ姿も📷。大きさが伝わりますか!?

せっかくなので、少し近づいてみます👀👀

こんなにも大きなものが、いつも神社の先の海に立つ鳥居の上の方についていると思うと、すごいですよね❣

「厳嶋神社」と書かれた方が、現在は海側についています。いわゆる看板の役割を担っているのはこちらということですね。龍の文様で縁取られていました。

「伊都岐島神社」と書かれた方が「厳島神社」になる以前の書き方。今は神社側に掲げられています。看板の役割のものが両方についているの、面白いですよね。こちらは、雲の柄で縁取られています。よく見たらちゃんと違う!

この日は雨の一日に。でも、神社の結婚式では「お幸せがたくさん降り注ぐ」と良い云われがあります◎

しっとりとした情景を臨みながら、新郎新婦様の末長いお幸せを心からお祈りするスタッフ一同です💗

 

ご挙式後のご披露宴は、「岩惣」さんの離れの「錦楓亭」にて。ご家族13名様くらいまでのご披露宴のみご利用いただける特別な空間です。

しっとりとした緑と奥まった場所の特別感が素敵でしょう❣

 

大鳥居の扁額は2020年12月13日までの特別展示の予定だそうです。

広島の皆さんも一見の価値はきっとありますよ!

エシェル新原万紀