平和を強く願う日🕊

8.6 8:15

 

こんにちは スタッフ池田です

昨日の矢野のブログに続いて…になりますが 昨日は2020年8月6日 広島に原子爆弾が投下されてから75年の日でした

広島に住む私たちは8月6日が何の日か 答えられない人は恐らくいないでしょう

それが県外または広島から離れた土地になればなるほど認知されていないことに 大人になってから驚かされました

小学生の時 夏休みの内1日だけ「登校日」という 平和学習をするため学校に行く日がありました

登校日には体育館で戦争にまつわる映画を観ます

毎年毎年 違う映画を観ましたが 印象的だったのは「トビウオのぼうやはびょうきです」です

水素爆弾の実験をビキニ島で行ったアメリカ 戦争の為の実験で多くの人が犠牲になりました

でも人間だけが傷ついたり亡くなったりしたのではなく 海に生きる全ての生き物にも影響が出たのです

地上ではなく少し違った目線の物語だったので よく覚えているのかもしれません

子供の頃の私たちには ただ怖い映画を観せられているような気がしていました

8:15に1分間鳴り響く町のサイレンに 胸がぎゅっとなって黙祷をしていたのは大人になった今でも変わることはありません

 

 

原爆投下から「75年は草木も生えない」と言われていた広島の地

今年こそ新型ウイルスの大きな影響で これまでとは全く違う環境ではありますが 市民は元気に働き 街路樹は豊かな葉を茂らせています

現在市内を走っている路面電車 8月6日から3日後には運行していたのをご存知でしょうか

私も最近知ったことだったのですがすごくすごく力強い光景だと感じました 沢山の命が奪われた当時の焼け野原に 希望の光が射しているようなイメージだったのか…?

想像するにも全くビジョンが浮かびませんが そんな電車は復旧の象徴・広島の誇りとまで言っても過言ではないと思います

 

その電車の車内は今 通勤・通学で乗車している全ての人が マスク姿でうつむいています

せっかくの広島の誇りに乗っているのだから 一日も早くマスクを外した笑顔で 活気溢れる車内になって欲しいですね!

日本の平和・世界の平和を願わない日はありませんが 8月6日は普段より強く祈る日です

来年も再来年もその先ずっと平和でありますように…

 

エシェル 池田久美

タグ
池田久美